顔のたるみ治療の大敵は紫外線

見た目年齢を左右する顔のたるみ。年を取るにつれ、鏡で自分の顔を見て
気になってきた人は少なくないのではないでしょうか。

顔のたるみの原因には、肌のコラーゲンやヒアルロン酸などの減少による
弾力の低下や表情筋などといった筋肉の衰えなどがあります。

肌の弾力に関しては、コラーゲンなどの有効成分が含まれた飲料などが
販売されているので、対策できているという方は多いかもしれません。

一方で、顔のたるみに関して、日焼け対策をしているという人は
あまりいないのではないでしょうか。

日焼けをすると肌がたるむ理由は紫外線にあります。
この紫外線が、肌に到達すると活性酸素を発生させ
肌の弾力を保っているコラーゲンやエラスチンなどの成分を変性させたり、
これらの成分を破壊する酵素を増やすなどの悪影響をもたらします。

避けたい紫外線

その結果、肌の張りや弾力を保てなくなり、顔にたるみを作ってしまいます。
では、どのようにしてたるみ治療を行えばよいのでしょうか。

クリニックなどでよく行われているたるみ治療が、レーザーなどを使い
伸びきったコラーゲンを新たに産生させたり、熱で縮めたりして元に戻していく方法です。

また、目元のたるみ治療には、ヒアルロン酸の注射を行う方法があります。
さらに、治療機器の発達により、レーザーによる治療も可能になってきています。

ただ、一度ダメージを受けた肌の線維は、限度を超えると元に戻りにくいため
早めにフォトナ4Dなどによるたるみ治療を行うほか、
たるみの進行を遅らせるなどして気を付けなければいけません。

ストレスも治療が必要な顔のたるみの原因の一つ

顔のたるみは然るべき治療を受けることで改善されることも多くあります。

治療が必要な顔のたるみが発生する原因としては、様々なことが挙げられます。
意外に思う人も多いかもしれませんが、ストレスもそのひとつです。

どうしてストレスが治療が必要なくらいの顔のたるみにつながるのかと言うと、
まずはこれが活性酸素の発生に関係しているためです。

活性酸素は紫外線を浴びたりすることなどによって発生するもので、
その量が多くなると細胞を錆びつかせてしまいます。

肌の内部でもこれは同様で、活性酸素により肌の弾力を構成している
コラーゲンやエラスチンなどが錆びつき、硬化してしまうと肌の弾力は失われ
結果としてそれが顔のたるみへとつながると言う流れです。

錆びついて硬くなったコラーゲンやエラスチンの代わりに、新たなコラーゲンや
エラスチンを注入するためには、然るべき治療を受けることが望ましいです。

それからストレスは自律神経の乱れも引き起こします。
自律神経は全身の健康は勿論のこと、肌のコンディションを保つにも
とても重要な機能を果たしています。

そのため、自律神経が乱れると血行不良や乾燥、肌のターンオーバーの
周期乱れなどが引き起こされやすくなり、肌コンディションは悪くなりやすくなります。

そしてその程度が進行していくと、顔のたるみが発生しやすくなると言う具合です。
この場合も、まずは自律神経を整えるための治療が必要となります。

その後、場合によっては必要な美容成分などを利用して、顔のたるみに働きかけることが求められます。

美容整形で受けられる人気のたるみ治療しみ治療の数々とは

顔や体にコンプレックスを持っていて、それを解消するために
美容整形を受ける方は多くいます。

そんなコンプレックスの一つが顔のたるみです。
顔のたるみの原因は、加齢や、紫外線、乾燥が主な原因といわれています。
人の肌は加齢とともにハリや潤いが低下します。

また、顔の筋肉も年とともに減少し、
退化していくため、たるみが生じてしまうのです。

筋肉の退化

そんなたるみはスキンケアではなかなか改善できません。
美容液や乳液などでは衰えた筋肉を戻すことができないからです。
ではどのようなたるみ治療が効果的かというと、
その一つが整形です。

整形というと顔の形を大きく変えるイメージがありますが、
糸の挿入だけでたるみ治療をすることができます。

たるみが気になる部分に糸を挿入し、
たるんだ組織を引っ掛けて吊り上げることにより
スッキリとした輪郭にすることができます。
顔がたるんでしまうと、一気に老けた印象となってしまいます。

また、この挿入した糸は取り除く必要もありません。
中には溶けてしまうものもあります。
そしてこのたるみ治療のメリットは、顔に傷跡が残らずに
効果的にリフトアップできるという点です。

美容整形というと、どうしても傷跡や施術後の症状が
心配になってしまいますが、糸によるリフトアップの場合は
傷跡は小さく、目立たない程度です。

しかもメスを使うわけでないので施術自体は短時間で、
術後のダウンタイムも短いため、初めての方でも受けやすくなっています。

このようなことからメイクでカバーしきれないたるみ治療をするなら
効果的にリフトアップできる美容整形がおすすめです。
ただ、受ける際は信頼できる医師に施術してもらうことをおすすめします。


画期的なアプローチで効果抜群

フォトナ4Dが持つ機能のひとつであるスムースリフトは、口腔内などの粘膜の内側からアプローチしてたるみを改善すると言うこれまでに無かった画期的な方法を採用しています。

従来型の機器では顔の皮膚の表面からアプローチするものが大多数でしたが、そこからエネルギーを与えるためには強いレーザーを照射しなければならず周囲の皮膚にダメージを与えたり、効果が限定的であることも少なくありませんでした。

そんな中で登場したフォトナ4Dのスムースリフトなら、口腔内から安全性が確認されているレーザーを照射することでより直接的にたるみにアプローチすることが可能となり、絶大な効果を実感できます。粘膜に熱が加わることでコラーゲンの産生を促すのに加えて、加齢によって衰えてしまいがちな表情筋にも作用するので、ほうれい線の改善も期待できます。

口腔内にレーザーを照射することが心配という方もいますが、実は顔の皮膚よりも口腔内の方が耐熱性が高く、63度程度であれば傷も付かず痛みを感じることも無いので安心です。これを実現できたのもフォトナ4Dのスムースリフトが持つ最新鋭の技術で、安全かつ効果的にたるみを改善することを可能としまいた。

応用技術でこれまで難しかった部位にも施術が可能に

フォトナ4Dのスムースアイは、これまで難しかった上下まぶたの皮膚と目の下にある結膜という粘膜の側からレーザーを照射するのと併せて皮表面側からも照射することが可能となり、コラーゲンの産生が促させて目元の小じわ、クマ、目袋などの改善が期待できます。

加齢と共にコラーゲンが失われるとしわが深くなってしまったり、筋肉の衰えにより目の周辺が下がったり、
脂肪が溜まりやすくなるなどしてクマや目袋が出来てしまうことがあります。そこでフォトナ4Dのスムースアイにより熱エネルギーを与えてコラーゲンの産生されるようになれば、お肌にハリやツヤ、潤いが与えられることでしわやクマ、目袋などが改善されるだけではなく、お肌が生まれ変わるサイクルのターンオーバーが正常化されてその改善された状態をキープすることも期待できます。

フォトナ4Dのスムースアイは目元の皮膚組織に直接施術することから事前に麻酔を施しますが、針を使わずに痛みを感じることなく塗布するだけのタイプや目薬のように点眼するタイプの麻酔薬を使用してもらえるのも安心です。このため痛みを一切感じることなく施術を受けることが可能なのに加えて、比較的短時間で済むことから気が付けば理想の目元になっているのも評判です。


細胞外マトリックスとは?

人間の皮膚は大きく表皮と真皮の二層構造となっていますが、表皮は外部からの刺激や乾燥から肌を守るバリア機能、体内の水分量を調整する保湿機能などを有しており、真皮は肌の弾力性を保ち、表皮や皮下組織を支える役割を担っています。そして、真皮細胞はコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンなどの細胞外マトリックスを生成しています。

細胞外マトリックス(ECM)

細胞外マトリックス(ECM)とは、細胞が合成・分泌して作り出す骨組みのようなものです。細胞はECMの中に入り込んだ状態になっているのですが、皮膚の場合は中の細胞が真皮細胞でコラーゲンやヒアルロン酸を生成しています。

しかし、真皮細胞は加齢とともに徐々に衰えていき、
コラーゲンなどの生成能力が低下していくため、年齢を重ねると肌のECMは粗雑となってたるみやしわの原因となります。

たるみ治療の中には強制的にたるみを引き上げる方法もありますが、自然な形でのたるみ治療を希望しているなら細胞外マトリックスの再生を試みることが重要です。細胞外マトリックスの再生は肌を支える土台の再生となるとともに、真皮細胞の活性化にもつながります。

また、このような方法でのたるみ治療は一時的な対処ではなく、根本的な問題の解決となるため、自然な形でのアンチエイジングを希望する方におすすめです。

細胞外マトリックスの再生が期待できるスネコス

スネコスとは、非架橋のヒアルロン酸と6種のアミノ酸(グリシン・L-プロリン・L-リジン・L-アラニン・L-バリン・L-ロイシン)を独自の比率で配合した製剤です。このスネコスを注射によって皮膚に注入すると、真皮層におけるECMの再生が促されます。

その結果、真皮細胞が活性化されてコラーゲンやエラスチンといった物質の生成が促され、たるみやしわが改善されていきます。そのため、スネコス注射は非常に効果的なたるみ治療と言えますが、このたるみ治療は1回のみの注射ではなく2週間ほど間隔を空けて4回施術するのが基本です。そして、4回を1クールとして半年ペースで行っていくと、より効果が持続しやすくなります。

ヒアルロン酸注入

また、スネコスの効果はメーカーの研究によって明らかとなっており、初回注入から10日目からでも皮膚内の水分量の改善や、自然なボリュームアップ、しわの改善効果が得られるとされています。

そして、2ヶ月ほど経過すると改善効果はより顕著となり、最終的に6ヶ月ほど経過しても効果は完全に失われるわけではないことが示されています。継続的な治療が必要ではありますが、自然な形でのアンチエイジングを図れる治療なので興味がある方は一度試してみてはいかがでしょうか。


顔のたるみ治療での見た目年齢を若く見せる効果

顔のたるみ治療でどれくらい若返るかですが、選択をする治療方法にもよります。顔のたるみ治療での見た目年齢を若く見せる効果は、5歳から10歳ほど若く見えることもあるので、いかに顔にたるみがあると、見た目は老化をして見られるかがわかるでしょう。その人の若さを表す最も目立つパーツは顔であり、たるみ治療はその手助けをします。

美容整形手術費用

効果が確実でわかりやすいのは、美容整形での外科手術でリフトアップ手術をすることです。しかし現代の美容クリニックでは安易に、美容外科手術でのリフトアップ手術を勧めたりしてはいません。誰が見てもわかるほどの変化があるのが切る手術ではありますが、余りにもリスクが大きいためです。

リスクも半端ないですが、かかる外科手術の費用も、半端なく高額になります。部分的なリフトアップでも高いですから、フルでのリフトアップの美容整形手術は軽く100万円は超えます。

そして最も、若返りには効果がありますが、リスクが高すぎます。 現代の時代でのたるみ治療では、そこまでのリスクと高額の支払いを、簡単に選ぶ人はあまりいません。

周囲から美容整形をしたとバレるのは、生きていくう上でも心が折れることになるので、バレないような方法での解消を希望する人が多いのです。

進化した美容医療の世界が現代では味方をしているので、簡単な方法だと注入系ですぐに若返りを果たすことができます。すぐに3歳から5歳程の若返りができるたるみ治療は、大人気の手段です。

顔のたるみ治療にかかる費用は?

顔のたるみ治療にかかる費用は、施術する顔のたるみ治療の方法により、金額は大きく違いがあります。
注入系での顔のたるみ医療であれば、ヒアルロン酸やコラーゲンを注入する方法がありますが、こちらは10万円前後を目安として、その人のたるみの状態でもっと多くい入れれば、それだけ費用も発生する事になります。堕胎注入をしたら、3ヶ月から半年ほどは良い状態を維持できますので、自然に減っていく過程で追加を考えるといいでしょう。

リフトアップ手術方法

最も高額な顔のたるみ治療としては、古くからあるメスで切る方法のリフトアップの美容整形手術であり、100万円以上は軽くする方法です。美容整形の手術としてお医者さんの腕にかかっている方法であり、実績と実力があるお医者さんにしかお願いはできない手術です。

実績のあまりない若いお医者さんでは、リフトアップの手術は安心はできません。一旦切ってしまった皮膚は戻りませんし、失敗したら一生の後悔になります。でも確実に引き上がるのもリフトアップの美容整形手術方法であり、これまでの実績と腕とセンスのある名医であれば、たるみ治療としても抜群の結果を提供してくれることになります。しかし費用は非常に高額であり、病院によっては200万円近くすることもあります。

現代の美容医療でのたるみ治療では、最も人気があるのはたるみ解消の専用マシンでの引き上げです。こちらは20万円前後で半年ほどの効果がありますし、ダウンタイムがないのもメリットです。

 


皮膚の深い部分にも照射をします

30代後半を過ぎると頬や顎などのたるみが気になってくるので、年齢よりも老けた印象を与えてしまいます。

ソララクリニックは口コミで評価の高い美容外科なので、切らないたるみ治療を行っています。
スムースリフトなどの体に負担の少ない美容整形を行っているので、まずは診察やカウンセリングを受けて下さい。

加齢と共に皮膚のエラスチンやコラーゲン、ヒアルロン酸などが減少してくるので、顔のたるみが目立ってきます。
スムースリフトやエンディメッドプロなどの、高周波を使用した顔のたるみ治療を受けることで皮膚の深い部分に熱ダメージを与えることが可能です。

少しずつ温めるので痛みなどがほとんどなく、コラーゲンの生成を促して顔のたるみを改善することが出来ます。
事前に電話やメールなどで予約を入れておくと、希望の日時にカウンセリングや診察を受けることが出来ます。

治療のカウンセリング

最先端の医療機器を導入しているので、体の弱い人も安心して施術を受けることが可能です。
エンディメットプロで高周波を照射することで、相乗効果を得ることが出来ます。

皮膚の新陳代謝を促進する働きがあるので、顔のたるみを改善したい人にお勧めです。
ソララクリニックでは経験豊富な医療スタッフが担当します。

ダウンタイムが少ないのが魅力です

顔のたるみが目立ってくると、実年齢よりも老けて見えるのでコンプレックスを感じることがあります。
従来のメスで切除をするフェイスリフトは、傷跡が残るので抵抗を感じることが少なくありません。

ソララクリニックでは安全性が高く、ダウンタイムの少ない顔のたるみ治療を行っています。
エンディメッドプロは最先端の医療機器なので、皮膚の深い部分に高周波で熱ダメージを与えることが出来ます。

従来のフェイスリフトに比べると、安全性に優れておりダウンタイムが少ないのが魅力です。
仕事や家事、育児などで忙しい場合でも、翌日から軽い仕事や家事などはこなせるので安心出来ます。

口コミでも評価の高い美容外科なので、顔のたるみ治療のメリットやデメリットなどを説明してくれるので安心です。
施術を受けた直後は激しい運動や入浴は控えて、シャワーだけを浴びるようにしましょう。

たるみの治療後の過ごし方

顔のたるみはメスを使用しなくても改善することが出来るので、まずは相談することが大事です。
無理な勧誘などもなく適正な料金になっており、公式サイトでも詳しく表示されています。

専門的な知識を持った医療スタッフが担当するので、美しく自然な仕上がりです。
見た目の年齢を若々しくしたい人に向いています。


顔のたるみは印象形成に大きく関わる部分です

顔は、日常生活の中で他人から最もよくみられやすいパーツといえます。
その顔はきれいであればよいのですが、顔のたるみができてしまうと
見た目が崩れてしまいいい印象を与えません。

また、たるんでしまった顔は老けて見えてしまいます。
どうしてたるみができると老けて見えてしまうのかというと、
たるみができる理由として重力により皮ふが下にのびて
たるんだ状態になることで顔が縦長の状態になります。

一般的に幼く見える顔は、顔の縦幅が短い特徴を持ちます。小顔でいることは、若々しさを保つ証明といえるものです。しかし、たるみにより縦長の顔になると見た目が老けてみえるので損をすることが多いです。

こうした顔のたるみは、加齢によって少しずつできてきます。
しかし、それだけではなく肌の真皮とよばれる部分のたんぱく質が
紫外線や加齢などの要素によって劣化したり、あるいは真皮より
さらに下の部分にある皮下組織の脂肪が肥大化してしまうことで
たるみがより加速してしまいます。

ですので、顔のたるみがなるべくできないように
日ごろからフェイスケアをしたり、あるいは規則正しい生活を送ることで
予防しなければなりません。

このように顔のたるみは、印象形成に大きく関わる部分といえますので
見た目をできるだけ良くしましょう。

口角を上げる

顔のたるみをなくし第一印象を良くするための方法とは

顔のたるみをなくして第一印象を良くするには、
口角アップをする方法が挙げられます。

口角は、上唇と下唇がくっついている部分をであり口の両脇の部分です。

口角は美を保つのに重要なパーツであり、口角が上がっている状態だと
笑顔にしやすく他の人から見て明るい印象を持ってもらえます。

ですので、印象を改善するのであれば口角をアップしておくと良いというわけです。

そうすれば、顔のたるみができていたとしても
笑顔のほうに目がいき良い印象を与えることが可能です。

逆に、この部分が下がってしまうとへの字口と呼ばれる状態になります。
それだと不機嫌そうに見えたり顔のたるみが余計に目立つことになるなど
良くありませんので、日常生活の中で口角を上げることは意識しておきましょう。

口角を上げるためには、簡単なトレーニングをしておくと良いです。

例えば、割り箸などの長いものを口にくわえ、3分くらい口を「い」を発音するときの形にしてそのままの状態を保つというものがあります。

このトレーニングは最初のうちは痛みや辛さを感じる人がいます。
その場合は口角を上げる筋肉の働きが弱っている可能性があります。

3分が長いのであれば最初は30秒くらいを目安にして徐々に増やしておきましょう。
トレーニングを頻繁に行うと慣れていき、そうすれば自然に口角アップができるようになります。

顔の筋肉を鍛える


お腹だけではなく顔のたるみの原因でもあるコロナ太り

新型コロナウィルス感染症の世界的な拡大で、外出を控える生活スタイルがすっかり定着してしまいました。
しかし、感染しないためには家にいることが大切なのは分かりますが、どうしても運動不足になってしまうことは否めません。

摂取カロリーを控えても家の中では必然的に運動量が少なくなってしまいますので、日頃からダイエットを心がけている人以外ではコロナ太りで体重の増加や顔のたるみに悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

コロナ太り

顔のたるみは体重が増加したことにより顔周りに脂肪が付くことに加え、マスクを日常的にすることにより口周りの筋肉が衰えてしまうことが大きな要因です。
マスクをしているとどうしても無表情になってしまうので、口角が下がってしまうので
よりたるみを加速させてしまう他、血行不良による老廃物の蓄積や塩分の取りすぎによるむくみ、加齢によるフェイスラインの崩れなどさまざまです。

顔にはおよそ60種類もの筋肉がありますが、日常生活で使えているのはその中のわずか20パーセント程度と言われおり、更にコロナで使わなくなってしまっているのでたるみを加速させています。

マスクをしていてもなるべく筋肉を動かすようにして、顔のたるみを最小限に抑えるようにすることが大切です。

顔のたるみをケアするために口輪筋を動かそう

顔のたるみを解消するには表情筋を動かすことが大切と言われていますが、表情筋は顔に存在する筋肉を総称するもので、顔のどこに筋肉があるのか意識しにくいため多くの人が顔の運動不足になっています。

およそ60個ある表情筋の中で、顔のたるみを防ぎ若々しいフェイスラインを作るには、口の周りを輪のように囲んでいる「口輪筋」を鍛えるのが効果的です。

主に口を開けたり閉じたりするときにつかう筋肉ですが、これが衰えてしまうと口元のシワやたるみを作ってしまい実年齢よりも老けて見える原因となります。

表情筋の衰えが気になる

口輪筋を鍛えるには、「あ」と「お」の口を作るエクササイズがおすすめです。
まず、口を縦に開けて「あ」の形の口を作りますが、このときに目尻と唇周辺の筋肉が縦に引っ張られていることを意識するように行います。

つぎに「あ」の口のまま唇を前に突き出すようにして、息を吐きながら「お」の口を作ります。
唇を前に突き出すことで、頬が横へ引っ張られていることを感じながら行いましょう。

これをセットで10回、一日に5回程度行うと効果的です。
この顔のたるみ防止エクササイズはテレビを見ながらやお風呂に入りながら簡単にできますので、毎日欠かさずに行うことが大切です。


シャンプーの仕方で変わる顔のたるみ

毎日鏡を見るたびに気になるのが顔のたるみですよね。

年齢を重ねるごとに確実に少しずつ下がってくるので、
少しでも対策をしておくことが必要です。

そこで毎日のお手入れで何か簡単にできる改善方法はないか考えてみましょう。
実は頭と顔のたるみには大きな関係があることはご存知でしたか?

頭の血行が悪くなると頭の皮膚は顔とつながっていることもあり、顔にも影響を及ぼすのです。
そこで毎日のシャンプーで頭皮をほぐし、顔のたるみ改善を行いましょう。

シャンプー時のマッサージ

正しい方法で行えば、毛髪も顔の皮膚健康になるのです。
では正しいシャンプーの方法は以下です。①しっかりと予洗いする→②シャンプーをしっかり
手で泡立てる→③毛穴をしっかりと洗い毛先は軽く→④指の腹で頭皮マッサージをしっかりと
行う→⑤しっかりと洗い流す

この中で大切なのは毛穴を中心に洗い、頭皮をマッサージすることです。
ここでしっかりと血行をほぐすと顔のたるみも自然と改善されてきます。

顔のたるみの治療とおすすめの体操

顔のたるみの悩みを解消したいと考えた場合に有効な治療法が、
フェイスリフトです。

たるんでのびてしまった皮膚の一部を切り取り、顔の皮膚全体を
上の方へと引き上げ、生え際の辺りで縫合をしていくというのが、
一般的な治療法になりますが、それ以外にも糸で引き上げる事で、
顔に傷跡が残らない治療というのも可能になっています。

傷跡が残る場合でも、生え際の辺りで縫合する為、前髪で生え際が見えないようにしておけば、
周りの人に傷跡の存在を気付かれる事はありません。

ただ、顔のたるみは気になっても、治療まではまだ考える事が出来ないという人もいるでしょう。

そんな場合は、顔のたるみに有効な顔の体操をしておく事がおすすめです。
顔のたるみの原因のひとつに、表情筋の衰えがあります。

表情筋というのは使う事によって鍛えていく事が可能です。そして表情筋が鍛えられれば
顔全体が引き締まるだけでなく、顔についた皮下脂肪を燃焼させやすい状態を作る事が出来ます。

そんな表情筋を手軽に鍛えたいなら、あいうえおの五文字を一文字ずつ
はっきりと発音するような形で、顔全体を動かしていくトレーニングが有効です。

この時、口元だけを動かすのではなく、目を大きく見開く等、顔全体を動かすようにすれば、
顔の筋肉をしっかりと鍛えていく事が出来ます。

すぐに大きな効果が出るという訳ではありませんが、繰り返していく事で
表情筋が鍛えられ、顔全体が引き締まり、若々しい印象へと変わっていきます。

顔を引き締める


1日3分!ハンドマッサージで顔のたるみ対策!

顔のたるみ

気になる顔のたるみは、ハンドマッサージで改善することができます。
たった3分でできるので、スキンケアの時間に気軽に行うことができます。

顔のたるみを解消するためには、皮膚を持ち上げるように
マッサージしていくことがポイントです。

最初に目の回りです。
まぶたに指の腹を優しく沿わせてこめかみまでマッサージします。

そして目の下は骨に沿ってマッサージし、
目尻をあげるようにこめかみまで指をすべらせます。

次に頬です。口の横の部分に手を当て、耳の横まで
頬を持ち上げるようにマッサージします。

口の口角、そして法令線を上へ伸ばすように意識しましょう。

ハンドマッサージ

最後にあごです。
指でピースサインを作り、あごから耳の下まで2本の指を沿わせて
マッサージをします。

これを毎日行うことで顔のたるみを改善していくことができます。
リンパ液も流れやすくなるため、むくみにも効果的です。

お風呂上がりや朝のスキンケアの時間に習慣として取り入れると
続けやすいです。

ゴットハンドと呼ばれた田中宥久子|カリスマ美容家のマッサージの魅力

田中 宥久子は、世界中のセレブたちの間で絶大な注目と信頼を寄せられています。
女性の美しさを最大限に引き出すための造顔マッサージは、驚くほど高い効果を発揮して
若々しいハリのある素肌に導いているのです。

2003年に彼女が立ち上げた化粧品ブランドの『SUQQU』は、幅広い年齢層の女性たち
から熱狂的な支持を得ていました。その後、2006年に独立をしてオリジナルの美容理論を
提唱したのです。

顔の筋肉が衰えることで老けて見えることに着目して、自分の手で効果的なハンド
マッサージサービスを提供しています。実際に施術を受けた人々の口コミによる評価は
非常に高く、リフトアップ効果を大いに期待できると喜ばれているのです。

その後はリピーターとなる利用者が多く、頼りになるサービスとして親しまれています。

アルコールを飲んだ後や疲れがたまって寝不足で困っている人のために、きめ細やかな
ハンドマッサージを行うことによってリンパの流れをスムーズにしてむくみの解消にも
役立っているのです。

このように、田中 宥久子は美容のカリスマとしてあらゆる年代の女性たちから
ゴッドハンドと呼ばれているといえます。肌に美しいツヤを与えてくれる心強い味方です。


ブルドッグにはなりたくない!顔のたるみを防ぐためには

顔のたるみが深刻化すると、ブルドッグのような状態になって
しまう事があります。

この状態になる事を予防する為に重要になってくるのが
顔のたるみを防ぐ事です。

たるみを改善したい、予防したいと考えた場合、肌の中の
コラーゲンを守る事、表情筋を鍛える事が有効です。

紫外線

肌の中のコラーゲンは加齢によって減少するだけでなく、
紫外線によっても破壊されていく為、外出時は日焼け止めを
塗る等、紫外線対策をしておく事が大切です。

更に、表情筋が衰えてきた場合も顔はたるみやすくなります。

表情筋を鍛える為には、あいうえおを一文字ずつ、
顔全体の筋肉を使いながらはっきりと発音していく、
もしくは歯の表面を舌でなぞるようにしていく舌回し等の
フェイスエクササイズが有効になります。
日焼け止め
フェイスエクササイズはとても手軽に行えるので、
毎日続けていく事で、表情筋を鍛え、顔がたるみにくい
状態を作っていく事が出来ます。

顔のたるみの予防と改善にはコラーゲンを守る事、
そして表情筋を鍛える事が有効です。

 

顔の美人比に近づける!?モダイオラスを刺激するマッサージ

美人の顔には共通した比率である「美人比」があります。鼻下からあごまでの距離が
眉から鼻下までの距離よりやや短いのが理想の比率です。

この比率に大きな影響を与えるのが、「モダイオラス」というえくぼができる位置に
ある顔の筋肉が集まるポイントです。加齢によってこの部分の筋肉が硬くなると、
皮膚と一緒に下がってきてしまいます。

それによって「たるみ」が出てきて、理想の比率が崩れ美人比が失われてしまうのです。
これを防ぐにはモダイオラスをマッサージして刺激することが効果的です。

1日1分のマッサージでも大きな効果があるようです。

顔のたるみは深刻化する前に防ぐことが重要です。顔のたるみを予防するには、
コラーゲンを守ること・表情筋を鍛えること・モダイオラスを刺激することが有効です。

コラーゲンを守るためには、破壊されないために紫外線対策をしておくことが重要です。
表情筋を鍛えるためには、顔全体の筋肉を使ったフェイスエクササイズが有効になります。
モダイオラスを刺激するには、ポイント部分をしっかり抑えた上でマッサージをすることです。

全て毎日の積み重ねが大切になります。
たるみの深刻化を防ぐには、日々少しずつ予防に取り組むことが必要です。